RCCテレビ「さようなら鉄人 受け継がれる忍耐」(テレビ欄縦読み)と衣笠祥雄さん悼む。試合は「白星を天に捧ぐ」ものとなった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RCCテレビの「番組表(テレビ欄)」が話題となっている。

DeNA 対 広島戦や追悼番組のテレビ欄が縦読みすると「さようなら鉄人 受け継がれる忍耐」となっており、衣笠祥雄さんの死を悼むものであったからだ。

25日の試合では、広島が「11対5」でDeNAを降し、「白星を天に捧ぐ」結果となった。