スノーボード・ハーフパイプ 戸塚選手の容態・怪我の程度が心配。検察する人が続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月14日、韓国・平昌五輪、スノーボード・男子ハーフパイプ決勝が行われた。

戸塚選手が、試技の途中で転倒し、起き上がれず、担架で搬送される事態となった。

スノーボードファンからは、容態や怪我の程度を心配し、一刻も早い続報を待ち望む声が上がっている。

続報

意識があり、腰の痛みを訴えるも、大きな怪我ではないとみられます。