JR神戸線「大阪~塚本」駅間で架線支障(凧が絡まるトラブル)。運転見合わせ(1月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年1月6日(日曜日)午後2時35分頃、大阪市を通るJR神戸線「大阪~塚本」駅間で架線支障(凧が絡まるトラブル)が発生しました。

現場は、淀川の橋の上とみられ、河川敷で凧揚げをしていた可能性がある模様です。

この人身事故で鉄道会社などからから119番通報があり、消防隊や警察官が出動し、負傷者の救出活動や現場検証行われているものとみられます。

事故当該に乗り合わせた鉄道利用者などからは、不安の声などが上がり、現地は騒然とした空気に包まれています。

それでは、詳しく現地の様子を見ていきましょう。

鉄道運行情報

現地の様子(画像や動画)

鉄道利用者や住民のツイート

まとめ

現在までのところ、この事故に関する負傷者の状態などの詳しい情報は分かっておりません。

新しい情報が入り次第、できる限り随時内容を更新していきたいと思います。

今しばらくの間、お待ちくださいませ。

お正月らしいトラブルですが、早い運転再開が待たれます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする