石川・岐阜両県にまたがる白山で火山性地震が増加。気象庁が注意呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月29日、気象庁によりますと、同日朝から、石川・岐阜両県にまたがる白山で火山性地震が増加してとのことです。

29日午前7時までの4時間の間に250回、火山性地震が観測されたとのことです。

これを受けて、気象庁では、白山において火山活動がやや高まっているとの見解を示して、今後の火山や地震活動の推移に注意するよう呼びかけています。

火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通り。
11/26  2回
11/27  22回
11/28  12回
11/29 250回(※29日7時まで)

大手メディアは次のように報じています。

https://twitter.com/hazardlab/status/935717679247306752


白山での火山性地震増加を受けて、地域住民からは、不安の声も聞かれます。

https://twitter.com/hiinahaotenba1/status/935730253099610113


お忙しいところ、最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
東方メディア管理人