平成30年(2018)第44回ビジネス実務法務検定試験(12月9日)解答速報と受験生の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月9日(日曜日)、東京商工会議所が主催する「ビジネス実務法務検定試験」が全国の受験会場で、実施されました。

試験を終えた受験生からは、安堵の声のほか「色々な意味で終わった」など意味深なツイートも散見されています。

今回は、試験の解答速報や受験生の感想について、まとめましたよろしければご利用ください。

受験生の感想を調べるSNS検索

twitterなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)を使用すると、受験生の生の声をリアルタイムで調べることが出来ます。

このため、試験の何度が、従来に比べて、どうだったかなども簡単にわかります。

具体的に見ていきましょう。

twitter検索
ビジネス実務法務検定 終わった」で調べると、多くの受験生の声が見つかります。

他の受験生の手ごたえはどうだったのか、見てみると参考になるかもしれません。

解答速報

それでは、資格学校などの解答速報を見ていきましょう。

東京商工会議所

ビジネス実務法務検定試験(公開は速報というには遅いですが、解答の内容は確実となります)
過去実施検定の模範解答

資格の学校TAC

第44回 ビジネス実務法務検定試験 解答速報
2級:12月9日18:30公開予定
3級:12月9日15:00公開予定

ユーキャン

解答速報(公開なしとみられます)

以前は、ユーキャンやLEC東京リーガルマインドでも、解答速報を行っていたようですが、現在は休止しているようです。

身につけた法務知識を有効利用したとお考えであれば、宅建士や行政書士試験を受験して、スキルアップを図るのもおすすめです。

履歴書に書く実務経験も重要ですが、資格という客観的な材料が、さらにあなたの転職市場での価値を高めます。


宅建はこちらから


2017年度の合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイト

twitterの感想・手ごたえまとめ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする