平成30年度(2018)第2回 工事担任者試験(11月25日)検定概要と解答速報は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月25日(日曜日)、電気通信の工事担任者試験が全国の試験会場で実施されました。

「工事担任者」とは、電気通信回線設備に端末設備または自営電気通信設備の接続工事を行い、監督する責任者のことで、国家資格となります。

試験問題及び解答は、試験実施日の週の水曜日午前10時以降に、日本データ通信協会のウェブサイトで公表されます。

詳しく見ていきましょう。

試験種別と合格率

資格種別 合格率
AI・DD総合種 約25%
AI第一種 約30%
AI第二種 約25%
AI第二種 約46%
DD第一種 約24%
DD第二種 約17%
DD第三種 約43%

参考:類似資格の第2種電気工事士の合格率は約40~50%

就職・転職

就職・転職において、電気通信事業および通信設備工事業、電気設備工事業、通信機器販売業などを希望する際に有利となります。

IT・情報インフラが、ますます多様化・複雑化していく現在、電気通信の工事担任者のニーズは多く、今後もさらに需要増加が見込まれます。

給与・昇格においても優位性を持つできます。

資格概要

受験資格:制限なし

試験範囲
●AI第一種
電気工学の基礎
電気通信の基礎
端末設備の技術
総合デジタル通信の技術
トラヒック理論
情報セキュリティの技術
接続工事の技術
電気通信事業法及びこれに基づく命令
有線電気通信法及びこれに基づく命令
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令

●AI第二種
電気工学の基礎
電気通信の基礎
端末設備の技術
総合デジタル通信の技術
トラヒック理論
情報セキュリティの技術
接続工事の技術
電気通信事業法及びこれに基づく命令
有線電気通信法及びこれに基づく命令
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令

●AI第三種
電気工学の基礎
電気通信の基礎
端末設備の技術
総合デジタル通信の技術
情報セキュリティの技術
接続工事の技術
電気通信事業法及びこれに基づく命令
有線電気通信法及びこれに基づく命令
不正アクセス行為の禁止等に関する法律の大要

●DD第一種
電気工学の基礎
電気通信の基礎
端末設備の技術
ネットワークの技術
情報セキュリティの技術
接続工事の技術
電気通信事業法及びこれに基づく命令
有線電気通信法及びこれに基づく命令
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令

●DD第二種
電気工学の基礎
電気通信の基礎
端末設備の技術
ネットワークの技術
情報セキュリティの技術
接続工事の技術
電気通信事業法及びこれに基づく命令
有線電気通信法及びこれに基づく命令
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令

●DD第三種
電気工学の基礎
電気通信の基礎
端末設備の技術
ネットワークの技術
情報セキュリティの技術
接続工事の技術
電気通信事業法及びこれに基づく命令
有線電気通信法及びこれに基づく命令
不正アクセス行為の禁止等に関する法律の大要

●AI・DD総合種
電気工学の基礎
電気通信の基礎
端末設備の技術
総合デジタル通信技術
トラヒック理論
ネットワークの技術
情報セキュリティの技術
接続工事の技術
電気通信事業法及びこれに基づく命令
有線電気通信法及びこれに基づく命令
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令

電気通信国家試験センターHP 19.試験科目と出題範囲

試験概要

◎出題方式:マークシート方式
◎合格基準:各科目100点満中60点以上で合格
◎試験時間:1科目につき40分ですが、AI・DD総合種の「端末設備の接続のための技術及び理論」のみ80分。

回答速報

電気通信国家試験センター
工事担任者試験問題・解答
試験実施日の週の水曜日午前10時以降にご確認いただけます。

その他として、twitterなどでは、受験生の感想や手ごたえなども検索できます。

ツイッター検索「工事担任者」

試験結果及び結果通知

試験結果通知は、平成30年12月17日(月)14時以降を予定。
ハガキによる連絡のほか、インターネット(http://www.shiken.dekyo.or.jp/ 受験番号が必須)にも掲載


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする