俳優・阿部サダヲさん 芸名の由来は「阿部定事件」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月5日(金曜日)、NHKあさイチにおいて、近江友里恵アナが俳優・阿部サダヲさんに芸名の由来を尋ねる一幕があり、Twitter上からは、放送事故ではとの声も上がりました。

一体どういった事だったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

阿部サダヲさんのプロフィールは

名前:阿部 サダヲ(よみ:あべさだを)
本名の姓:阿部隆史
生年月日:1970年4月23日
出身地:千葉県松戸市
職業:俳優・歌手

1992年、舞台『冬の皮』でデビュー作である。

本名の姓が阿部であったことから、当時も事件のインパクトが残っていた「阿部定事件」から、「阿部定を」が当初芸名の候補に挙がったが、直球過ぎることから「定を」を「サダヲ」とカタカナにしたのが、芸名の由来だそうです。

阿部定事件とは

では、この「阿部定事件」とは、一体どの様なものだったのでしょうか?

1936年(昭和11年)5月18日に、当時の東京市荒川区尾久で起こった事件です。

当時、仲居をしていた阿部定(あべ さだ)が、交際男性の殺害し局部を切断し持ち歩くという事件を起こした。

事件は、号外が出るほどの騒ぎとなったといいます。

まとめ

芸名を付けた当時は、「阿部定事件」の話題性があり、選ばれたのでしょうね。

きっと現代で、同じように、犯罪を犯した人の名前をもじった芸名を付けたら、とても炎上しそうで怖いですね。

時代が変われば、人々の考え方も変わってくるものなのでしょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする