阪急宝塚線で人身事故(14:28頃) 三国駅で列車とお客様が接触(10月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月11日(木曜日)14:28頃、阪急宝塚線で人身事故が発生しました。

人身事故現場は、大阪府大阪市淀川区新高三丁目にある「三国駅」です。

三国駅では、約2ヶ月ぶりの発生となります。

鉄道会社から119番通報を受けて、救急隊や警察が出動し、線路内転落者の救出活動や現場検証が行われているとみられます。

なお、負傷者救出活動のため、パンタグラフが降ろされ、電車内は停電し空調も切れているようです。

現地は人身事故の発生を受けて、騒然とした雰囲気に包まれています。

それでは、詳しく見ていきましょう。

鉄道運行情報

周辺地図

阪急電鉄宝塚本線・三国駅
(大阪府大阪市淀川区新高三丁目)

現地の様子

近隣住民の声・ツイート

まとめ

現在までのところ、線路内転落者の怪我の状況(容態)などの詳しい情報は分かっておりません。

新しい情報が入りましたら、記事を更新していきたいと思います。

今しばらくお待ちください。

このような悲しい事故が少しでも減るように、地方の私鉄においてもホームドアなどの設置が望まれます。

最期までお読みくださいまして、ありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする