注意喚起 西日本豪雨の広島・真備などに窃盗団との情報拡がる。一部はデマの可能性もありご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、全文

【防犯情報】
広島県警察本部からのお知らせです。

《豪雨災害に伴う詐欺と盗難に注意!》

この度の豪雨災害に伴い,被災者の方を狙って,役所の職員などをかたり,見舞金などを名目とした詐欺の電話が架かってくるおそれがあります。
公的機関が見舞金などの支給について電話で連絡をすることはありません。また,ATMで手続きをすることはありませんので,注意をしてください。

さらに,被災者のお宅や車を狙った空き巣や車上ねらいの発生も懸念されます。
鍵をかけずに避難された方で,安全に自宅に戻ることが可能な方については,家や車の施錠をお願いします。ただし,決して無理をしないようにしてください。身の安全が第一です。立入の規制がされている場合は,現場警察官等の指示に従ってください。なお,自宅の施錠ができない場合,貴重品は身の回りで保管してください。
また,不審者や不審車両を目撃したら,すぐに110番通報をお願いします。

このほか,被災された方以外でも,義援金名目の詐欺の発生が心配されます。
自治体やそれらしい団体名を名乗って,電話やFAXで募金の振り込みを勧誘したり,直接訪問して現金をだまし取ったりする手口が考えられます。
 善意を悪用されないため,相手の言葉を鵜呑みにせず,見ず知らずの個人や団体の募金については特に注意し,相手が公的機関を名乗った場合は,電話帳に掲載されている電話番号にかけるなどして確認しましょう。

 最後にお願いです。
 現在,SNSなどで「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている」「犯人が乗っている車は○○で,ナンバーは○○○○」などといった情報が拡散されていますが,警察では,そのような事実は把握していません。
 デマ情報の可能性が疑われる場合は,情報の発信元を確認し,不確定な情報に惑わされることなく,冷静な行動をとっていただきますようお願いします。