コインチェックの仮想通貨流出 北朝鮮のサイバー攻撃(ハッキング)か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月6日(火曜日)、仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した事件。

これについて、韓国の情報機関である「国家情報院」は、北朝鮮のハッカー集団が関与した可能性があるとの見方を示した。調査を開始したという。

なお、明確な「裏付けはない」模様です。