JR中央線中野駅で「列車とお客様が接触(人身事故)」影響でダイヤに乱れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月27日12:33頃、中央線・中野駅において「列車とお客様が接触(人身事故)」する事案が発生。
当該列車は「特急かいじ」とみられる。
13:35頃に運転を再開した。



中野駅で発生した人身事故は 今年2例目となる。
前回は、2017/03/25(土)22:59発生の事例で、その際には45分見合わせた。
中央線全体としては、今年14回目(昨年11回・一昨年23回)の発生となっている。
多発する曜日は、金曜が最も多く25回、次いで月曜の23回である。


中央線は、東京駅(千代田区)から新宿駅・塩尻駅(長野県)を経由して名古屋駅(愛知県)までを結ぶ路線距離396.9 km、駅数112駅の鉄道路線である。
1889年4月11日に「新宿 – 立川」駅間が開業し、1911年5月1日には全通した。
東京駅~塩尻駅間はJR東日本、塩尻駅~名古屋駅間はJR東海の管轄となっている。